木製 大内行灯 9号 絹張り二重 【一対入】

外絹張 二重 【一対入】
サイズ:高さ69cm×火袋の直径28φcm
手足:天然木民芸塗 ブラウン色
電源:コード式

※こちらの商品は、左右対称一対柄になります。
単品での販売は出来ません。

お客様に組み立てていただくタイプです。
組み立て式なので収納は非常にコンパクトです。

故人がお亡くなりになられた後四十九日の忌明け後、初めてお迎え頂くお盆を「新盆」(にいぼん)や「初盆」(はつぼん)と言います。
お盆とは東京では7月13日から16日、その他の地域では8月13日から16日(旧盆・きゅうぼん)までに行われるのが一般的です。13日に迎え火で先祖、故人の霊をお迎えし、16日に送り火でお送り致します。
お盆の際用意して頂くものとして、「白紋天」(しろもんてん)、「提灯」(ちょうちん)、「住吉提灯」(すみよしちょうちん)「御殿丸」(ごてんまる)と呼ばれる吊り下げる形のもの、「行灯」(あんどん)「廻転灯」「回転灯」(かいてんとう)と呼ばれる足付きのもの等がございます。
提灯は「壺型提灯」(つぼがたちょうちん)、行灯は「大内行灯」(おおうちあんどん)と呼ばれることもあります。
提灯、岐阜提灯、行灯は材質や造りの違いにより価格差が生じます。お届け先様とのご関係を考慮しお選び頂くのが宜しいでしょう。

見事な 盆ちょうちん】 対絵柄 一対 【盆提灯 木製 高さ69cm【smtb-s】 No6080 【一対入】 絹張り二重 9号 大内行灯-盆提灯

▶過去の新着情報一覧